薄いローマの色合いで飾る

シアーパワー

シアーウィンシー

リビングカラー

レイヤー

近代的な薄暗いローマンシェードに使用されているような退廃的な半透明のファブリックを備えた窓スペースを装飾することは、アジアで生まれたデザイントレンドです。今日の古典的な古典的なバリエーションは、繊細な布地に紫外線フィルターを溶かし、軽くて風通しの良い気晴らしの雰囲気を作り出します。ヴォイルのような軽量のファブリックで構成されていて、薄暗いローマンシェードは開放的で広々とした部屋の欲求を満たしています。太陽光を利用する能力のために人気があり、薄いローマンシェードは小さなスペースに深みを与えます。多くの場合、ダイニングルームの窓やフレンチドアを飾るために選択されていますが、これらの色合いは機能よりもデザインに多く使われ、寝室に必要なプライバシーは提供されません。

独自のフォーカルポイントとして機能する伝統的なウィンドウ・トリートメントとは異なり、薄暗いローマン・シェードは日光を捉え、インテリア・デザイン・スキームで役割を果たすことができます。シアーの厚さは、ライトとシャドウが部屋にどれだけ影響を与えるかを制御します。あなたが完全なローマン・シェードをインストールしたら、あなたの家具の手入れをすることでこの関係を探検してください。真のローマンシェードを利用して光をフィルタリングすることは、空間を装飾する単純でありながらもエレガントな方法です。

太陽光の柔らかい輝きと調和のとれた薄いローマの色合いの優しい流れは、暖かく魅力的な雰囲気を作り出すことができます。光沢のある表面にキラキラ輝く光沢のあるほとんど金属の繊維を染み込ませた薄い生地を使用することで、この表情をより気まぐれな、ほとんど魔法のような感触に変えることができます。シースルーシアーは、あなたの背後にあるものに集中できるようにすることによって、ファンタジーを鼓舞する間、密接に織ったシアーは神秘的な影をキャストします。

Sheersは、ライトと色のための優れた遊び場です。ファブリックの厚さは、カラーにどの程度の影響があるかを決定します。太陽がまっすぐなローマン・シェードに当たったときのグロー・キャストの色は、それ自体の色として考慮すべき重要な要素になります。典型的なデザインルールとして、シアーの色とパターンは、部屋の既存の装飾とテーマと一致する必要があります。薄暗いパステルを選択することで、薄暗いローマンシェードが自然にスペースを開くことになりますが、この効果を高めることができます。より小さな部屋は、これらの色を選択することで最大の利益を得ます。より暗い色合いは、大きなスペースと高い窓のために大きなドラマを作ります。

シンプルで控えめな薄暗いローマンシェードにより、追加の窓処理を試してみることができます。ドレープパネルと装飾的な金額の下に薄いローマンシェードを重ねると、ウィンドウスペースに深みが増し、アクセント部分にセンターステージを取る機会が与えられます。薄いローマンシェードとバリュアスを混在させるときは注意が必要です。薄いローマンシェードでは、描かれたときに柔らかく折り返す折れ線が作成されることを覚えておいてください。

フィルタリングする太陽の量を部屋や明るさを明るくするために探しているかどうかにかかわらず、シアーローマンシェードは空間とロマンチックな作りに優れています。