発泡断熱材の一般的な用途

ホーム絶縁

水分の保護

防音設備

全国のほとんどの家庭、オフィスおよび建物は、暑いまたは冷たい空気が逃げるのを防ぎ、壁および天井を損傷から保護するために、またはある程度の防音を提供するために発泡断熱材を使用する。フォーム断熱材は、屋根、天井、壁、屋根裏部屋など、どこにでも設置することができます。以下は、家庭での断熱材の最も一般的な用途のいくつかです。

断熱断熱材は、暖かい空気や冷たい空気が家から逃げるのを防ぐために家庭で使用されるのが最も一般的です。この目的のために、スプレーフォームおよび発泡ボードが一般的に使用される。あなたの家庭でスプレー発泡断熱材を適用する前に、泡が電気システムに浸透して損傷または短絡を引き起こさないように、最初に壁を準備し、すべての電気ボックスをカバーする必要があります。あなたの壁を断熱するためには、到達しにくいスプレーノズルを備えたフォーム断熱キットを入手する必要があります。

あなたの壁に噴霧発泡断熱材を塗布するときは、壁の上部から始めて、下に向かって作業してください。スプレーガンのノズルを表面から約18インチの高さに保持して泡を均等に塗布し、ノズルを左右に静かに振り、絶縁フォームをスプレーします。泡が膨張した後、隙間や不均一なスペースがないか点検します。空隙と不均一な空間にスプレーし、フォームソーを使用して余分な材料を除去して滑らかな仕上がりにします。次の壁に移動する前に、壁のパネル全体を完全にスプレーするようにしてください。すべての壁を発泡断熱材で覆うまで、同じ手順を繰り返します。

屋根裏の断熱目的のために、あなたは簡単に拡張可能な発泡断熱材を適用して、屋根裏の壁および天井の隙間および亀裂を封じることができます。これを行うには、屋根裏部屋の古い断熱材を取り外し、ブロワーを使用して膨張可能な発泡断熱材をブロワーで塗布します。膨張可能な泡を適用するときは、屋根裏部屋の最も遠い方の端から始め、次にドアの方へ向かいます。健康上の危険を避けるために発泡断熱材を塗布するときは、必ず保護服とギヤを着用してください。

断熱材を使用すると、水分が壁に損傷を与えないようにすることができます。断熱材を防湿材として使用するには、フォームボードの断熱材を外壁と内壁の間に置きます。水分が浸入するのを防ぐために断熱板をしっかりと配置し、コールクを使用して板と壁の端を密閉します。適切に設置すると、発泡ボードの断熱材が蒸気拡散器として機能し、特に寒い季節に壁が乾燥して保護されます。

あなたの家庭やレコーディングスタジオの防音は、断熱材を使用して行うことができます。これを行うには、天井のパネルを取り外し、天井に断熱材を敷き詰め、すべての隙間が埋まっていることを確認します。天井に断熱材を詰め込んだ後、断熱ボードを使用して天井全体を覆います。シーラントを使用して縫い目や亀裂を塞ぎ、音が漏れないようにしてください。あなたの壁に同じ手順を繰り返します。