仕事に適した接着剤の選択

市場で非常に多くの種類がありますので、あなたが頭に入れている作業に最も適した接着剤を選択することはかなり困難です。適切な選択がなされなければならないと考えるべき義務がいくつかあります。

使用している材質とサーフェスの種類

事実上あらゆる材料に対して適切な接着剤が存在する。金属の場合、最も一般的に使用される接着剤には、ウレタン、アクリル、およびエポキシ接着剤が含まれる。これらの個々の接着剤タイプはすべて、強度と硬化時間が変わります。これらの接着剤は、金属およびプラスチックを結合するためにも使用することができる。

木材は、通常、木材接着剤として知られている大工の接着剤を使用して一緒に接着されます。接着剤が所望の目的を果たすことを確実にするために、木材は水分を含まないことが必要である。さらに、接合強度にかなりの影響を及ぼすので、最初の回で可能な限り正確に部品を配置しなければならない。硬化時間も充分であり、急がないことが必要である。

エポキシ接着剤には、熱源とファイバーグラスマットに加えて、グラスファイバー材料の修理が必要です。この修復プロセスは非常に有毒なフュームを生成するため、ここでは注意が必要です。

接着されるべき表面の性質はまた、接着剤に異なって応答する多孔質および非多孔質表面で重要である。

乾燥速度

どのくらい速く接着剤を作りたいかは、購入する接着剤の種類を決める重要な要素です。最も速い接着剤は、スーパーグルーとホットグルーです。水ベースのセメントセメントは直ちに硬化し、約30時間かけて乾燥させる。白い糊と大工の糊は乾燥するのに数時間かかります。しかし、シリコーンベースの接着剤が完全に乾く前に1日を待つ必要があります。

耐水性と耐熱性

防水性が必要なボンドを作成するには、いくつかの接着剤オプションから選択できます。あなたの選択には、水ベースのセメントセメント、シリコーンベースの接着剤、2液型エポキシ、またはスーパーグルーが含まれます。ほとんどの木材接着剤は、比較的少量の水分でさえもあまりよく取らない。

耐熱性の点では、前述のタイプの接着剤もまた最も効果的であろう。

掃除のしやすさ

異なる接着剤は、個々の構成に依存する、様々な程度の洗浄容易性を提供する。

水だけで簡単に洗浄できる接着剤には、木材の接着剤と白色の接着剤、シリコーンのシーラー、水系の接触セメントがあります。

他の接着剤の接着剤は、洗浄のためにアセトンのような溶剤の使用を必要とする。このカテゴリでは、非水系シリコーン接着剤、2液型エポキシ、およびスーパーグルーがあります。

接着剤を使用する環境

これは、接着剤を選択する際には非常に重要な考慮事項です。一般的な接着剤のほとんどは屋内でも機能しますが、アウトドアでは屋外での使用はできません。これはもちろん、湿度、湿気、および様々な温度のような環境要因によるものです。したがって、あなたはあなたの購入の主な決定要因である仕事の種類と場所を賢明に購入する必要があります。