バラの色:その意味

“バラは赤い”と主張する古いバレンタインの韻にもかかわらず、バラの色は無限の多様性を持っています。ラベンダー、ピンク、オレンジ、黄色、伝統的な赤のいずれかのバラの色は、誰かに贈り物として与えられたとき、異なる意味を持ちます。ここに、バラの各色の重要性のリストがあります。

予想どおり、赤いバラは愛を表しています。一つの赤いバラは私たちの文化の中で十分表現力があり、「私はあなたを愛しています」とほぼ遭遇します。赤いバラはまた、勇気、情熱、尊敬と美を意味します。

ピンク

最も一般的な色とりどりのバラの1つであるピンクのバラは、感謝の意を表し、 “Thank You”というメッセージを受信者に表明しています。ダークピンクのバラは最も無償ですが、ライトピンクのバラは優しく、賞賛と幸福を表現するのに適しています。

天使やケルブのように、白いバラは純潔さと純粋さを表します。結婚式で使用されるとき、白いバラは幸せな愛の象徴です。

オレンジ

希少性はありますが、オレンジのバラは欲望と熱意を示しています。

幸せな色、黄色のバラは、友情、喜び、喜びと喜びを意味します。黄色のバラは、新しい始まりの約束でも、歓迎の言葉を伝えても、私のメッセージを覚えていることもできます。

ピーチのバラは、珍しい色のバラである可能性が高いため、感謝、近親性、誠実さを示します。桃色の桃色のバラは、ヌードの体に似た色のために、謙虚さを表しています。

ラベンダー

ラベンダーのバラは、一目ぼれと魅惑の愛を表しています。

ブラック

白いバラとは逆に、黒いバラは死と別れを意味します。

すべてのバラ色、青いバラの珍しいものは、達成不可能で不可能であることを示しています。おそらく本当に青い色のバラは自然界では不可能なためです。