テーブルソーの切断成形

ステップ1 – 成形の測定

ステップ2 – 測定値のテスト

ステップ3 – 角度をテストする

ステップ4 – 最終カットを作る

カッティングモールディングに興味がある場合は、それを行う方法はたくさんあることに注意してください。マイターソーを使用することは非常に一般的な選択ですが、他の方法を選択する理由はたくさんあります。マイターソーにアクセスできないが独自のテーブルソーを持っている場合は、このツールを使用してモールディングを切断することができます。ただし、この方法を使用すると、いくつかの問題が発生します。以下に示すのは、テーブルソーであなた自身のモールディングをカットするために必要な情報を提供するものです。

まず、テープメジャーを使用して成形品を設置する予定の面積を測定します。次に、切断予定のモールディングを測定します。最後に、それを鉛筆でマークします。おそらく測定値は正しいかもしれませんが、後で調整する必要があります。

あなたは実際にそれをカットして配置する予定の構成では、壁にモールディングを置きます。あなたの目標は、あなたのモールディングがどのようにフィットするかを正確に把握することです。すべてが正しく構成され、正しく測定される可能性は高いですが、後で後悔する簡単な間違いを避けるための良い方法です。あなたの測定値とマーキングは正確ですが、そうでない場合は、古いマークをより正確なものに置き換えて、今すぐ修正してください。

2つのスクラップ成形品を取り出します。テーブルソーをセットアップし、実際にモールディングを設置する予定のコーナーに設置するかのように45度の角度でカットします。ほとんどのテーブルソーには、90度以外の角度で切断するためのメカニズムがあります。あなたがしていない場合は、自分でスクラップウッドを作ることができます。

スクラップモールディングを45度の角度でカットしたら、90度のコーナーに完全にフィットできるように、完成した製品をインストールする実際のコーナーでそれらをテストしてください。あなたは実際のモールディングをカットする準備が整いました。

ただし、そうでない場合は、カットを調整する必要があります。スクラップモールディングを2個以上使用して、新しいテストカットを作成します。あなたがカットする45度の角度が大きすぎる場合は、小さな角度を試してください。小さすぎる場合は、より大きな角度を試してください。完全にフィットするまでこれを行います。

成形品をカットするために実際に必要な角度を知ったので、実際の成形品をカットすることができます。幸いにも、あなたが作った最後のカットが正しい角度だったので、あなたのテーブルソーは、必要な角度にカットするように既に設定されています。適切な角度で成形の実際のセクションをカットします。これでそれらをインストールする準備が整いました。