ツールの保管のためのガレージの棚の計画を作成する

ガレージの保管は、多くの世帯にとって重要なものになることがありますので、ここではガレージの棚の計画を作成するためのシンプルなアイデアがあります;あなたのニーズの決定;ガレージの棚ユニットの構築方法を決定する前に、 。あなたはすでにワークベンチを持っていて、いくつかの簡単な棚が必要ですか?あなたは道具のための引き出しを備えた完全なユニットが必要ですか?あなたは壁にできるだけたくさんぶら下がっていますか?混乱は問題ですか?これらはすべて重要な質問です。あなたが本当にペグボードと引き出しが必要な場合、単純な棚システムを構築することには何の意味もありません。これはあなたの最初のステップでなければなりません;どのくらいのスペースが必要ですか;あなたのガレージに車を駐車する場合は、車の途中で棚のユニットを置く場所を選びたいと思うでしょう。あなたは、ツールを落として車を傷つけたり、車のドアを車から出ている間に棚のユニットに衝突させたくありません。ここであなたのニーズに実践してください。巨大な棚のユニットが魅力的かもしれませんが、あなたのスペースの制約のために不必要で実用的ではありません。あなたが小さなガレージを持っている場合は、完全に棚とペグボードで構成されたユニットが、地上のキャビネットや引き出しを備えたユニットよりも良い選択肢になるかもしれません;スケッチ・イットアウト;ガレージ・シェルビング・ユニットの計画を立てる前に、あなたが望むものの簡単なスケッチを作ってください。これは、あなたのデザインのより具体的なイメージを得るのに役立ちます。それをスケッチして、多くのコンポーネントに追加したことが分かった場合は、後で再描画する必要のあるプランを作成する前に、これを確認することをお勧めします。完成したスケッチを作成したら、それをスケーリングする作業を進めてください。スケーリングされた後、あなたはデザインでどれくらいの部屋を見ているか、より良いアイデアを得ることができます。あまりにも多くのスペースを使いすぎてしまったことに気付くかもしれません。あなたが実現可能な解決策を見つけるまで、スケッチとスケーリングを続けてください。材料を検討する;この家にどれくらい滞在する予定ですか?答えが10年以上ある場合は、ユニットを最後に設計するようにしたいと考えています。使用する資料は、作成する計画の要素になります。プラスチックとPVCの配管を使用する予定がある場合は、木製の棚やペグボードを使用する場合と同じくらい複雑ではないかもしれません。あなたの計画を引き出すときに使用しているものを覚えておいてください;要素を追加;照明をしたい場合は、プランに電気配線を含める必要があります。小さな流し台や流域を望むなら、これも計画に入る必要があります。座って計画を描く前に、デザインでどの要素を使用するのかを正確に把握することが最善です。これにより、後でそれをやり直す必要がなくなります。