コンクリート柱用鋳型

鋳造コンクリート柱は、近年造園や建築の細部として普及してきた成形コンクリートの一つです。コンクリートの柱は柱に限らず、コンクリートの煉瓦、敷石、コンクリートの造形も含まれます;プロジェクトに必要な材料をすべて揃えていれば、鋳造コンクリートの柱を作るのは比較的簡単で簡単です。コンクリートミックス;•混合コンテナ;•コンクリートモールド;•コンクリート剥離剤;•プラスチックラップ;ステップ1 – 剥離剤の塗布;調製されたコンクリート剥離剤またはスプレーオン植物油のいずれかを使用して、コンクリート型。コンクリート型の離型剤として、ディーゼル油やモーターオイルを使用しないでください。これは過去に使用されていたが、環境にやさしくないと思われていて、推奨されていない一般的な方法でした。これは、あなたの金型が乾燥しているときにコンクリートを簡単かつ自由に解放することを保証します。ステップ2 – コンクリートを混ぜる:コンクリートミックスパッケージの指示に従って、コンクリートを混ぜます。コンクリート混合物に着色剤を加えて、色付きのコンクリート柱を作成することもできます。混入したコンクリートは堅く、余分な水分を含まないようにすべきである。ステップ3 – コンクリートを注ぐ;コンクリートを鋳型に注ぐ。コンクリートを注ぐときには、金型をタップして気泡やポケットを金型の上部に持ち上げることがあります。これにより、コンクリート混合物中の余剰の水が鋳型の頂部まで運ばれる。金型をコンクリートで上に充填する;ステップ4 – コンクリートを硬化させる;コンクリートを硬化させて乾燥させるために最低24時間金型を離しておく。金型をプラスチックラップで覆い、陰影のある場所の平らな面に置きます;ステップ5 – 金型のリリース;コンクリートを完全に乾燥させて、充填穴が底にくるように回します。モールドの側面を注意深く引き離してコンクリートを解放します。モールドの側面がついている場合は、モールドの中央を押し、モールドのコーナーをつかんで緩めます;ステップ6 – 追加の硬化時間とシーリング;モールドコンクリートカラムをシーリングする予定がある場合は、最低でも1〜2週間は保護された場所に保管する必要があります。コンクリートを完全に硬化させたら、それをプラスチックラップから取り出し、コンクリートシーラントをカラムにスプレーします。モールドされたコンクリートフィギュアとコラムは、適切な材料とコンクリート鋳造モールドで非常に簡単に作ることができます。