コンクリート壁の塗装に関する一般的な問題

壁の割れ目

カバレッジ

プライマー

はく離

ペイントブラシ

コンクリート壁をペイントすると、コンクリート壁が硬化していない場合、いくつかの問題が発生する可能性があります。コンクリートが塗装される前に十分に硬化できない場合、塗料はコンクリート内の余分な水分を捕捉し、塗料はそれ自体がはく離するのでセメントの一部を剥がすことができる。コンクリート壁をペイントすると、石膏が必要とする水分補給を受けなくなる可能性もあります。

壁をプライミングする前に、コンクリートの亀裂は、天候の影響に耐えられる材料で満たされるべきです。壁の石膏がテクスチャを有する場合、シーラントは一致するテクスチャでなければならない。そうでない場合、滑らかな表面のバンドは、異なるコントラストで塗料のすべての塗膜を通して見ることができる。

プライマーと塗料を塗布する場合は、最良の結果を得るために全面に塗布する必要があります。プライマーを塗布して硬化させたら、フィニッシュコートをいくつかの厚いコートに重ねる必要があります。そうでない場合、均一な色が得られず、あなたが望む外観を達成できません。一部のプロジェクトでは、塗料の前にプライマーを塗布していません。他のプロジェクトでは塗料が薄くなって塗料が効果的でない場合があります。これにより、適切なコーティングが施されなかったような壁が見えます。

所望の結合を得るためには、新しいプライマリコンクリート壁に右のプライマーを塗布する必要があります。これにより、塗膜の剥離も防止されます。一緒に使用する必要がある塗料やプライマーがあります。セメントプラスターとコンクリートは、塗料を塗る前にプライマーのコートを施さなければならないが、ペインターは常にコンクリートやプラスターをプライミングするとは限らない。

層間剥離は、新しいコンクリート表面またはセメントプラスターからの塗料剥離のプロセスである。ペイントは木と金属のようにコンクリートからははがれます。このため、コンクリート壁を十分に準備する必要があり、すべての施工手順に従う必要があります。雨やコンクリートからの水分が硬化しないと、コンクリートから解放され、裂け目が生じます。

ペインターがセメントプラスターの茶色コートに塗料を塗ると、ペイントはデラミネーションを引き起こすボンドブレーカーとして機能します。塗料が硬化できない場合は、塗料の後ろのプラスターが柔らかくなります。塗料は水が適切に蒸発しないようにします。コンクリートの壁は準備され準備されている必要があります。塗料は濃く、希釈しないでください。