コルゲートメタル屋根:スチール、スズ、またはアルミニウム?

アルミニウム

波状の屋根は、納屋でしか見つからなかった時代からずっと遠くにあります。多くの住宅所有者は屋根のために金属材料を使用することを選択しています。金属は他の材料よりも耐久性があり、非金属製の屋根と比較して素早く設置でき、従来の屋根用のシステムよりも長く続きます。適切なタイプの金属を選択することは圧倒的かもしれません。あなたの家のために適切な屋根を選ぶのに役立つ基本的な情報があります。

アルミニウムは、安価で耐久性のある軽量素材です。軽量なので特別な構造強化は必要ありません。アルミ屋根のシステムは、錆や腐食に強く、沿岸地域で人気があります。このタイプの金属は、形成が容易であり、アーキテクチャに関係なくほぼあらゆるタイプの構造に使用することができる。

スチールは当然強い素材です。それは強風に抵抗することができ、平野に住む人々のための素晴らしい選択肢になります。ほとんどの鋼製屋根材は、亜鉛または亜鉛/アルミニウム材でコーティングされており、錆に抵抗します。スチールも高熱や荒天の影響を受けません。スチールの欠点は重く、すべての用途に適していないことです。また、アルミニウムほど可鍛性ではなく、角度の多い屋根、ピッチの違い、その他の珍しい建築物に設置するのは難しいかもしれません。

多くの人々は、錫の屋根は納屋のような非常に古い構造物にしか見られないと仮定しています。しかし、これらの時代から錫の屋根は長い道のりを歩んできました。今日のスズの屋根は軽量で耐腐食性に優れ、耐久性があります。スズ屋根の設置は高速で、一般的に従来の屋根材よりも安価です。ほとんどの錫屋根は、塊のための他の金属材料を使用して、錫のコーティングのみで作られています。これは、多くの人々が望む美しいスズキの外観を作り、スズの騒音と信頼性がなくなります。